<風俗情報>風俗入門として初心者にオススメ

"抜きキャバにおきましては飲食店のキャバクラのような店舗であり、女性は口で抜いてくれることとなります。
ファッションヘルスのように個室は用意されていませんので、他のお客さんや女性から丸見え状態となっています。
あまりにも数多くの風俗があり過ぎてどこの風俗に行ったら良いのか迷ってしまうことでしょう。
まずは風俗に行く前に、貴方が女性に求めているものをしっかりと確立しておくようにしてください。
抜きキャバの料金としましては、時間帯によりまして、大きく異なっています。
なので昼間でしたら5000円もかからずに性的なサービスを受けることが出来ることがあります。
ピンサロも抜きキャバと同様に飲食業として許可申請を出していることからシャワーの設置は出来なく、おしぼりであそこを洗浄します。
主なサービスとしましては、キスや女性へのタッチ、フェラチオ等のソフトなサービスとなっています。"



<風俗情報>風俗入門として初心者にオススメブログ:22-10-06

わたくしは、減量のために、
日々飲んでいた日本酒をやめる事にチャレンジしました。

それまで夕方食で日本酒を飲むというのは、
完璧に「習慣」でした。
これを「やらない」ということは考えられないくらい…

だから、「日本酒を飲まない」という事を考えただけで
「せっかくの夕方食が満足できないのではないか?」
「飲まないとご飯が美味しくないのではないか?」
「24時眠れなくなるのではないか?」
…などなど
「現状維持の本能」が全開で障壁を作ります。

そもそも、人間の体にとって日本酒って有害ですし、
飲み続けていたら体を壊すこともあり得るわけです。

しかし「現状維持の本能」はそんなことすら関係ありません。
将来、体を壊そうが、アル中になって精神を壊そうが、
メタボになってしまおうが…
「現状維持の本能」には、そんなこと関係ないのです。

さらに日本酒を飲んだ時の刺激や酔った時の恍惚感って
脳にとっては忘れられない快楽ですから、
一度それを味わっただけで日々でも欲しがります。

これは「日本酒」を
まるきり「おやつ」に置き換えても同じことが言えます。
だから、日本酒やおやつって習慣になりやすいんですね。

そして一度習慣化してしまうと、
「現状維持の本能」が働いてやめる事を阻止します。

これを変えるには、
減量に成功して「痩せた自分」を
イメージすることが非常に有効だと思います。

わたくしは、息の長い減量を続けるには、
これが必須だと思っています。

とにかく、
「現状維持の本能」に打ち勝たなければ、
悪い習慣をやめることもできませんし、減量も続かないのです。